slideshow 1 slideshow 2 slideshow 3

2018年11月29日(木) 沖縄県知事選挙 デニー勝利と私たちの課題 集会報告

11月29日(木)に開催されました、伊波洋一さん(参議院議員・沖縄の風)が講演された、
「沖縄を自分の問題として考える会」主催の「沖縄県知事選挙 デニー勝利と私たちの課題」
集会のユーチューブ動画が、 UPLAN の三輪祐児氏の撮影によりアップされております。
レジュメや新聞記事等の当日の配布資料もその動画映像の末尾に添付されています。
下記サイトをご覧ください。

20181129 UPLAN 伊波洋一「沖縄県知事選挙デニー勝利と私たちの課題」
https://youtu.be/RHabvvFZpiM

(下記は村岡到氏による集会報告)

沖縄県知事選挙 デニー勝利と私たちの課題 集会報告

 一一月二九日、東京・文京区民センターで、「沖縄県知事選挙
デニー勝利と私たちの課題 集会」が開かれ、七七人が参加した。主催は、沖縄を自分の問題として考える会。伊波洋一さん(参議院議員・沖縄の風)が講演し、この会の呼びかけ人——小泉雅英、澤藤統一郎、中瀬勝義、吉田万三(当会代表)が発言し、質疑の後、村岡到(当会事務局長)が閉会挨拶した。司会は武市徹。発言予定の二見伸明さんの代わりに、知事選に応援に駆け付けた創価学会員の女性が発言。長崎の呼びかけ人蓑田剛治氏からのメッセージが紹介された。
 参加者が主催者の予想を大幅に上回る盛況で、椅子が不足するほどであった。沖縄への関心の広がりを示すものとなった。伊波さんの講演は、玉城デニー候補の勝利にむけた闘いの経過を選対の中心で闘った人ならではのリアルな報告で、オール沖縄の闘いの特徴が明らかにされた。
 吉田会長の発言にもあったように、この会は、共産党員、新左翼活動家、創価学会員、キリスト者、ヤマギシ会、とさまざまな立場の人たちが結集しているところに特徴がある。会の名称に「自分の問題として考える」とあることに共感したという参加者が一〇人近くいた。来年七月には同じ沖縄の風の糸数慶子さんが改選期となる。
 小さな会ではあるが、地道に活動を継続したい。

 なお、集会の前に、沖縄を自分の問題として考える会の創立総会が開かれ、一八人が出席。会長、事務局長、事務局員を選出し、会の運営について約束事を決めた。(村岡到)

2018年12月3日(月) PARC自由学校・特別オープン講座 ワンコイン・シネマ・トーク「バナナと日本人―過去と現在」

【要申込】PARC自由学校・特別オープン講座
ワンコイン・シネマ・トーク「バナナと日本人―過去と現在」
http://www.parc-jp.org/freeschool/event/18_onecoin.html

 グローバル化の時代といわれる今日、私たちは、身の回りにある
「安さ」や「快適さ」がどのように形作られているのか、ふだん
意識することがありません。しかし、ひとたび舞台裏に目を向けると、
環境や人権をめぐるさまざまな問題が浮かび上がります。
 「ワンコインシネマトーク」は、PARC制作の映像作品を見て、講師の
お話を聞き、参加者みんなで語り合う場です。自由に感想・意見を出し
合い、ともに現代社会について考えましょう。 

 12月3日(月)に開催する今回は、「バナナと日本人―過去と現在」が
テーマで、フィリピン・バナナをめぐる新旧2作品(『バナナ植民地フィリピン』
+『甘いバナナの苦い現実』)を上映後、ミンダナオ島を歩く研究者・石井正子さん
に「バナナと日本人」の過去と現在を解説していただきます。

■日 時:2018年12月3日(月)19:00~21:30 (開場18:30)

■会 場:PARC自由学校教室
※アクセス→ http://www.parc-jp.org/guidance/guidance_04.html

2018年11月28日(木) 沖縄県知事選挙 デニー勝利と私たちの課題 集会報告

昨日11月29日(木)に、伊波洋一さん(参議院議員・沖縄の風)が講演された、「沖縄を自分の問題として考える会」主催の
「沖縄県知事選挙 デニー勝利と私たちの課題」集会が文京区民センターで開催されましたが、村岡到氏が書かれた下記報告を
転載させていただきます。

(以下、転送・転載歓迎)

沖縄県知事選挙 デニー勝利と私たちの課題 集会報告

 一一月二九日、東京・文京区民センターで、「沖縄県知事選挙 デニー勝利と私たちの課題 集会」が開かれ、七七人が参加した。主催は、沖縄を自分の問題として考える会。伊波洋一さん(参議院議員・沖縄の風)が講演し、この会の呼びかけ人——小泉雅英、澤藤統一郎、中瀬勝義、吉田万三(当会代表)が発言し、質疑の後、村岡到(当会事務局長)が閉会挨拶した。司会は武市徹。発言予定の二見伸明さんの代わりに、知事選に応援に駆け付けた創価学会員の女性が発言。長崎の呼びかけ人蓑田剛治氏からのメッセージが紹介された。
 参加者が主催者の予想を大幅に上回る盛況で、椅子が不足するほどであった。沖縄への関心の広がりを示すものとなった。伊波さんの講演は、玉城デニー候補の勝利にむけた闘いの経過を選対の中心で闘った人ならではのリアルな報告で、オール沖縄の闘いの特徴が明らかにされた。

2018年12月11日(火) 変えよう選挙制度の会・12月例会 「代議制(議会制)民主主義を考えよう!~現代の政党政治はうまく機能しているか~」

変えよう選挙制度の会・12月例会
「代議制(議会制)民主主義を考えよう!~現代の政党政治はうまく機能しているか~」

日時:12月11日(火)18:30~20:30
※今回の定例会は通常の第2水曜日と異なり、火曜日なのでご注意ください。

テーマ:「代議制(議会制)民主主義を考えよう!~現代の政党政治はうまく機能しているか~」

報告者:田中 久雄(変えよう選挙制度の会代表)
    田中さん報告の後に参加者のみなさんと意見交換します。

会場:東京ボランティア・市民活動センター 会議室B
   (飯田橋・セントラルプラザ(庁舎棟)10階)
        アクセス・地図 http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access
        JR飯田橋駅西口仮駅舎を出たら市ヶ谷方面に進み、交番を右折、
        牛込橋を渡り右側に見える茶色のビルがセントラルプラザです。
      車イスなどをご利用の方は、エレベーターのある東口をご利用
        ください。

参加費:500円

★申し込みは不要とさせていただきます。
  直接会場までお越しください。

主催:変えよう選挙制度の会
      URL: http://kaeyo-senkyo.tumblr.com/

誰のための水道民営化? ドキュメンタリー映画(DVD) 『最後の一滴まで―ヨーロッパの隠された水戦争』

現在、国会で、コンセッション方式(運営権を企業に売却)による、水道事業の民営化に道を開く、水道法改正案が審議中ですが、生命維持の基本インフラである水道の民営化は、非常に危険です。水道事業が民営化された多くの国では、水道料金の大幅値上げ、水質の悪化、外資による水支配などが問題になっています。低所得者にとっては水道料金の大幅値上げは生存権にも関わる問題です。水道民営化が進められたヨーロッパでは、その問題点があらわになり、再公営化が大きな流れとなっています。他方では、債務危機に陥った諸国への水道民営化の圧力も加えられています。

その水道民営化とその問題点、ヨーロッパでの水道民営化と、再公営化の動きを掘り下げたドキュメンタリー映画のDVD『最後の一滴まで―ヨーロッパの隠された水戦争』(PARC制作)が、皆様からのクラウドファンディングのご協力も得て完成、この度、発売されました。 http://www.parc-jp.org/video/sakuhin/uptothelastdrop.html

以下、ご案内を転載させていただきます。

(以下、転送・転載歓迎)

誰のための水道民営化?
ドキュメンタリー映画(DVD)
『最後の一滴まで―ヨーロッパの隠された水戦争』

2018年12月7日(金) 世界の暮らしと選挙 Vol.2 「スウェーデンの選挙」

世界の暮らしと選挙 Vol.2 「スウェーデンの選挙」

 日本の選挙制度については、様々な議論があります。
 議論のあるべき方向を考えるために、今回は世界有数の福祉・平等国家であり、
より民意を反映しやすい比例代表制選挙で議員を選んでいるスウェーデンについて、
駐日大使館の担当官から、選挙をめぐる制度と事情を語っていただき、日本の暮らし、
政治と選挙を考えるヒントにします。

 スウェーデンでは、87%の投票率があっても、100%の投票を目指して、残りの13%
の人の投票を「民主主義大使」というボランティアが街中で、投票を呼びかけています。
 女性男性双方が給付つきの育児休暇を取得できるスウェーデンの福祉システムは、
スウェーデンにおける男女平等推進の中核をなしています。

世界の暮らしと選挙 Vol.2 「スウェーデンの選挙」

日 時:12月7日(金)18:30〜20:45
会 場:東京ボランティア・市民活動センター 会議室A&B
    東京都新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ 10階
    アクセス→ https://www.tvac.or.jp/tvac/access.html
資料代:一般500円/学生300円/高校生以下無料

プログラム:
◆ スウェーデン事情報告(1時間20分、日本語通訳を含む)

2018年12月14日(金) attac公共サービス研究会集会 〜公 共 サ ー ビ ス 民 営 化 に 抗 し て市 民 と 労 組 の 共 闘 は 可 能 か ? 〜

ATTAC Japan首都圏の小塚です。
ATTAC公共サービス研究会では、前回9月の宇都宮健児さん講演会に続き
第二弾として、公共サービス民営化問題の集会を開きます。
みなさまのご参加をお待ちしております!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   12.14  attac公共サービス研究会集会     
     
   〜公 共 サ ー ビ ス 民 営 化 に 抗 し て
           市 民 と 労 組 の 共 闘 は 可 能 か ? 〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 おはなし 藤田和恵さん(ジャーナリスト)

 日時 2018年12月14日(金)18:30〜(18:00開場)

 場所 亀戸文化センター 第3研修室
    (JR総武線 亀戸駅 北口 徒歩1 分)
https://www.kcf.or.jp/kameido/access/

 資料代 500

▲公共サービスは、そこで働く労働者とそれを利用する市民の生活に大きくかかわるものです。
 民営化はそこに市場原理を導入して、利潤をあげるために、往々にして労働条件とサービスの
 質の切り下げという代償が伴います。

2018年12月1日(土) コンビニの現場を考えるシンポジウム

コンビニの現場を考えるシンポジウム

日時:2018年12月1日(土) 13:00 〜
会場:明治大学 グローバルフロント 3階 4031
    アクセスマップ https://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html
    キャンパスマップ https://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/campus.html
参加費:無料
内容:
『コンビニオーナーになってはいけない』が発売以来、さまざまな反響を呼んでおります。
社会インフラとも言われるコンビニの実態について専門家を交え、パネルディスカッション形式で
「コンビニの現場を考えるシンポジウム」を開催いたします。
主催:コンビニ加盟店ユニオン

ユニオンによるイベント告知
https://www.facebook.com/events/203770203868450/

「コンビニオーナーになってはいけない」(版元HP)
http://www.junposha.com/book/b375112.html

参考 コンビニ問題をとりあげたレイバーネットTV
http://lntv.labornetjp.org/?p=845

2018年12月1日(土) 賃金と社会保障のセットで「270万円でもふつうに暮らせる社会」を考えるシンポジウム

賃金と社会保障のセットで「270万円でもふつうに暮らせる社会」を考えるシンポジウム 

案内→ https://www.fukushikokka.org/event/#20181201coop
チラシ→ https://goo.gl/zfH6Vn

 生協労連では、雇用形態にかかわらず、時給1500円、年収270万円でも憲法で保障された、
最低限度の生活を営める社会(システム)をめざすことを基本に、賃金、教育・子育て、
住宅政策、社会保障、働くルール(労働時間、雇用、失業時の保障)を重点課題として
議論しています。
 今回、賃金と社会保障のセットで安心して暮らせる社会を実現するために、労働組合が
とりくむ課題や運動をどのように広げていくのかを考えるきっかけとするために、福祉国家
構想研究会との共催でパネルディスカッションを開催します。

賃金と社会保障のセットで「270万円でもふつうに暮らせる社会」を考えるシンポジウム
日 時:2018年12月1日(土)13:00〜18:00
会 場:平和と労働センター・全労連会館 2階ホール
    〒113-0034 東京都文京区湯島2-4-4
    JR総武線「御茶ノ水駅」から徒歩8分
    東京メトロ丸ノ内線「御茶ノ水駅」から徒歩7分
    地図→ https://goo.gl/smcpCw

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer