slideshow 1 slideshow 2 slideshow 3

2017年1月8日 第50回月1原発映画祭/交流カフェ原発映画祭 豊田直巳監督トーク

2017年1月8日に開催した第50回月1原発映画祭/交流カフェ原発映画祭 豊田直巳監督トーク動画です。
YouTube

河合弘之監督 日本と再生 光と風のギガワット作戦

河合弘之監督、待望の最新作
『日本と再生 光と風のギガワット作戦』いよいよ公開!
渋谷ユーロスペース、横浜シネマリンにて2月25日〜3月10まで劇場公開いたします。
初日舞台挨拶があります!
劇場公開案内

直近の関連イベント予定

日時 場所 イベント内容
3月25日(土)
18:00〜
変革のアソシエ東京事務所 変革のアソシエ講座【特別講座】【労働者運動論】 「新しい労働運動の構想」(第2回)
3月25日(土)
17:00〜18:00
青山学院大学総研ビル12階大会議室 第5回公開シンポジウム(東京開催)「沖縄問題とは何か」
3月25日(土)
14:00〜16:00
希望のまち東京in東部事務所 希望のまち東京in東部第34回読書会「アソシエーショニズム」
3月25日(土)
18:30〜
北とぴあ・スカイホール14階 明日のTOKYOを考える ~ちょっと気になるコト、立ち止まって考えてみよう~
3月25日(土)
13:00〜16:00
ソラシティ・カンファレンスセンター2F
テラスルーム
国際シンポジウム「エシカルケータイは作れるか?」
3月26日(日)
13:30〜16:30
千駄ヶ谷区民会館
集会室
第33回憲法を考える映画の会
3月26日(日)
14:00〜17:00
アーツ千代田 出版記念の集い『雨ニモマケズ=外国人記者が伝えた東日本大震災』〜今こそ問い直したい3・11以後の日本〜
3月28日(火)
18:30〜20:40
キイトス茶房 税金カフェ「立憲主義と人権から考える公正な税制とは」
3月29日(水)
18:30〜21:00
文京区民センター2階
2−A会議室
監視社会を考える連続学習会第4回
共通番号(マイナンバー)と個人番号カード
3月30日(木)
18:30〜19:30
TOKYO MX本社前 「デマで沖縄への偏見を煽った「ニュース女子」MXの開き直り見解を許さない」抗議行動
3月30日(木)
18:00〜20:30
希望のまち東京in東部事務所 希望のまち東京in東部市民カフェ第139回
4月1日(土)
13:30〜16:00
千葉県弁護士会館3階講堂 「沖縄と千葉を結ぶ会」発足集会
4月6日(木)
19:00〜
東京ボランティア・市民活動センター 第84回 VIDEO ACT! 上映会 ~戦後初「野党共闘」運動~
4月8日(土)
18:00〜
文京区民センター 辺野古新基地建設の強行を許さない4・8首都圏集会
4月9日(日)
13:30-16:30
明治大学リバティタワー1階1011教室 軍学共同反対 安倍政治を糺す大学人シンポジウム
4月23日(日)
14:00〜16:30
東京しごとセンター・地下講堂 STOP!沖縄ヘイト
5月21日(日)
10:00〜16:00
JR横須賀駅改札口集合 横須賀で関東大震災の大規模地すべり崖崩れ跡を見る

2017年3月26日(日) 出版記念の集い『雨ニモマケズ=外国人記者が伝えた東日本大震災』〜今こそ問い直したい3・11以後の日本〜

3/26(日)出版記念の集い『雨ニモマケズ=外国人記者が伝えた東日本大震災』〜今こそ問い直したい3・11以後の日本〜
https://www.facebook.com/events/1870188933226970/?utm_source=mailnews&ut...

このたび、PARC(アジア太平洋資料センター)自由学校から生まれた、
自主読書会翻訳グループが日本在住の二人の
外国人記者が著した「雨ニモマケズ(原題STRONG IN THE RAIN)」(本書は2012年にアメリカで出版され、迫真のルポルタージュとして話題となりました)を翻訳し
日本語版として発刊いたしました。

そこで、著者のルーシー・バーミンガムさんと
デイビッド・マクニールさんのお二人をお招きし、
この本の出版記念の集いを3/26に開催いたします。
東日本大震災の意味を問い直すとともに
著者と参加者との懇談・交流の時間ともしたいと思います。
みまさま、お気軽にご参加ください!
「雨ニモマケズ=外国人記者が伝えた東日本大震災」
http://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784908073311

◆日時:2017年3月26日(日)14:00〜17:00

2017年3月25日(土) 国際シンポジウム「エシカルケータイは作れるか?」

3/25(土)13:00~16:00 国際シンポジウム「エシカルケータイは作れるか?」
http://www.parc- jp.org/freeschool/event/170325.html

 近年、「フェアトレード」、「オーガニック」などの「エシカル」な食品や衣服が注目されています。では、環境や人権に配慮したエシカルケータイはできないのでしょうか?
 本シンポジウムでは海外からのゲストも招いてその可能性を探ります。
「責任ある鉱物調達」。これは近年採掘事業者が標榜している言葉ですが、それはこれまでに世界中で起きてきた採掘現場での環境破壊をなくすことができる方法なのでしょうか?
 次に、「サプライチェーン・マネジメント」。製品に使われているパーツがどのように作られているのか?そのパーツはどのような素材から作られているのか?その素材はどのような鉱山現場から来ているのか?素材までさかのぼって環境破壊・人権侵害が起きないように保証する事はできるのでしょうか?
「エシカルケータイ」に関わる、長く複雑なサプライチェーン。その始まりの部分にあたる採掘現場の実態。鎖の行き着く先となる製品メーカー。そしてその間をつなぐ鎖の中央部。この三つの立場から関わるゲストを招いてエシカルケータイの可能性を探ります。

日時:2017年3月25日(土) 13:00~16:00

2017年3月30日(木) 希望のまち東京in東部市民カフェ第139回

希望のまち東京in東部市民カフェ第138回「三島由紀夫と東大全共闘」
希望のまち東京in東部は2017年3月23日(木)、希望のまち東京in東部第138回
市民カフェを東京都江東区東陽の希望のまち東京in東部事務所で開催した。今
回は三島由紀夫と東大全共闘をテーマとした。
http://www.hayariki.net/tobu/cafe89.html

市民カフェで言及されたバカッター事件です。

東急ストアTwitter炎上 Kindle版
https://www.amazon.co.jp/dp/B00F17WFEG

希望のまち東京in東部市民カフェ第139回
日時:2017年3月30日(木)午後6時30分〜8時30分
場所:希望のまち東京in東部事務所
住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(永代通り沿い、セブンイレ
ブン隣、1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス
停留所徒歩1分
参加費:無料。カンパ大歓迎。
市民カフェは誰でも、いつでも、無料で話し合える市民の「場」です。どなた
でもご参加できます。初めての方の御参加も大歓迎です。時間がある方は参加
よろしくお願いします。軽食をご用意しておりますので、お気軽にご参加くだ

2017年3月24日(金) 東京都に自主避難者への住宅支援の強化を求める緊急アクション 

東京都に自主避難者への住宅支援の強化を求める緊急アクション 
http://www.foejapan.org/energy/fukushima/evt_170324.html

【緊急告知】3・24 東京都庁前*緊急アピール行動 
 小池知事、原発事故避難者への住宅支援の強化を早急に取組んで下さい。
 区域外(自主)避難者を生活困窮に追い込まないでください。

 国・福島県による原発事故の区域外(自主)避難者の住宅支援打ち切りが3月31日に迫っています。私たちが対応している相談事例の大半が、3月末での「住宅無償提供打ち切り」で更に生活困窮している内容です。家族を守るために避難生活を選択した方々が4月以降の家賃支払いができないとの悲痛な声が届いています。

 
本来では、国が原発事故による避難者向けの住宅無償提供を継続すべきです。しかし国は打ち切り政策を強行します。このような状況下、国が対応をとらなくても、自治体レベルでも避難者への住宅支援の強化は可能です。特に東京都では家賃などが高く、自主避難されている方々が「避難生活を継続」するためには貧困生活を覚悟するしかないのです。

  原発事故の被害者である自主避難者をこれ以上苦しめないでください。小池知事にお願いします。東京都における原発事故避難者への住宅支援の更なる強化をお願いします。

2017年5月21日(日) 横須賀で関東大震災の大規模地すべり崖崩れ跡を見る

第54回神奈川・埼玉合同地学ハイキング「横須賀で関東大震災の大規模地すべり崖崩れ跡を見る」のお知らせ

1923(大正12)年9月1日、相模湾を震源とするM8の大正関東地震で、東京・神奈川・千葉県は壊滅的な被害を蒙りました。今また巨大地震が南関東で起きることが予測されており、私たちは過去の地震の被害から学ぶことは大きいと思われます。

今回は、昨年10月に『関東大震災−未公開空撮写真』(ジオ神奈川)を出版した蟹江康光氏の案内により、多くの生き埋め被害者を出した横須賀と浦賀町の大規模地すべり崖崩れ跡を見学することにしました。多くの方々の参加を呼びかけます。

日時:2017年5月21日(日)10時〜16時ごろ
集合:JR「横須賀」駅改札口付近に10時に集合してください。

案内:蟹江康光さん(元横須賀市博物館学芸員、ジオ神奈川代表)

コース:
JR横須賀駅〜汐入駅間で、大規模地すべり崖崩れ跡(50人生き埋め)、慰霊碑を見学。
汐入駅から浦賀駅まで、京急線で移動。浦賀で、大規模地すべり崖崩れ跡(296人生き埋め)を見学、地形と地質について学習します。
西浦賀の陸軍桟橋で昼食。その後、愛宕山公園に登り、、浦賀郷土資料館の展示を見学。16時ごろ、資料館で解散予定。浦賀駅から京急線、バスで久里浜駅にゆきJR横須賀線でも帰れます。

2017年3月24日(金) 第3回供託金違憲訴訟

選挙に立候補するためには、町村議会議員を除き、供託金を選挙管理員会に供託する必要があると日本の現行の「公職選挙法」で規定されています。
しかもその供託金の額は、日本は各国と比べ、飛び抜けて高く、世界一の高額です。
衆議院、参議院の選挙区に立候補するためには一人300万円、比例区では、一人当たり600万円です。
しかも一定の得票率に達しないと、その供託金は没収されてしまいます。

これでは、格差が広がり、ワーキングプアの人々が増える中、収入や財産に余裕のない者は、立候補する権利を奪われている状況にあります。
これは日本国憲法第44条「両議院の議員及びその選挙人の資格は、法律でこれを定める。但し、人種、信条、性別、社会的身分、門地、教育、財産又は収入によつて差別してはならない。」の但し書きの「財産又は収入によつて差別してはならない」に明らかに反するものです。 憲法第14条の「法の下の平等」にも反すると私は思います。

1925年(大正14年)に(男子)普通選挙が導入されるまで、選挙権(投票権)は、納税額によって制限されていましたが、被選挙権(立候補権)については、納税額が供託金に変わっただけで、実質的には収入・財差による制限選挙であり、その意味では、被選挙権については、現在も、平等な普通選挙は依然、実現していないと言わざるを得ません。

大飯3・4号をこのまま止めよう!パブコメを出そう!24日が締め切りです!

大飯3・4号をこのまま止めよう!パブコメを出そう!24日が締め切りです!

みなさま、お疲れ様です。

〔パブコメを出しましょう!
大飯3・4号機をこのまま止めよう!〕

意見・情報受付締切日
2017年03月24日

<パブコメには、こんな効果も>
・直接国の規制を司る原子力規制委員にあなたの意見を読んでもらえる!

・公開されるので、問題点を共有でき、より明らかにできる!

・「反対意見が多数」などと報道されたりして、世論づくりにもなる!

・3月28日の高浜原発の抗告審の判決に対し、再稼働はNO !を突きつけよう!

みんなで出そうよ!パブコメを!
24日 締め切りです!

関西電力株式会社大飯発電所3号及び4号炉の発電用原子炉設置変更許可申請書に関
する審査書案に対する
科学的・技術的意見の募集について
→科学的でなくても、技術的でなくても、自分の思いをかけばいいですから〜

1、ネットから
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=19828...
下までスクロールして、下のほうにある黒色の「意見提出フォームへ」ボタンをク
リックして出てくる、フォームにご記入ください。2000文字まで、となっていますが
何通でも出せますので、2000文字を超える場合は、何回かに分けて提出してくださ
い。

2、 FAXで 
上記 サイトに掲載されている「意見提出用紙」をダウンロードし記入、または、こ
の用紙の要領でワープロ書きなどしたものを 03-5114-2179 (原子力規制庁)へFAX
してください。

3、 郵送で 上記の「意見提出用紙」に記入、または、この用紙の要領でワープロ
書きなどしたものを、下記へ送ってください。
〒106-8450 東京都港区六本木1-9-9 六本木ファーストビル
原子力規制庁 原子力規制部安全規制管理官(PWR担当) 宛て

【締切】 2017年3月24日(金)(郵送は24日必着、FAX、ウェブフォームは日付が変
わる夜中の12時より前に十分に余裕をもって出してください)

よろしくお願いします

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer