ブログ

「8月朝鮮半島危機」の話し合いによる解決を求める緊急声明

「8月朝鮮半島危機」の話し合いによる解決を求める緊急声明に賛同してください

今、世界は冷戦終結後かつてない危機に直面しています。

別紙の緊急声明にあるように、アメリカと朝鮮民主主義共和国(北朝鮮)は今はまだ言葉上の挑発に止まっていますが、いつ何時、偶発的衝突や瞬間的な判断ミスによる“行動戦”につながることになるか、非常に懸念されます。すなわち核兵器によるアメリカ・北朝鮮の衝突もあり得るということになります。

その結果は火を見るより明らかです。

「8月朝鮮半島危機」を切り抜けるためには、アメリカと北朝鮮を中心に、日本・韓国・中国も含めて対話を通じて解決する必要がありますが、それを実現するには、多くの市民がそれを訴えることが必要です。

そのためには、政治的信条・価値観・社会的立場・国籍などの違いを越えた個人の賛同が必要と私たちは考えました。ですから、上記の問題意識は、どこの国・政府が間違っているとか、どちらの言い分が正しいかという観点は持っていません。「核戦争の可能性をなくすために、今何が必要か」という観点から考えています。

いろいろなしがらみを越えた個人として、共同で別紙のような緊急声明を出します。

また、アメリカ、北朝鮮、日本、韓国の政府に、話し合いで解決するように申し入れたいと思います。

「この子、 は沖縄だ」

【ネット署名】原爆を落とされた国の国民から原爆を落とした国の大統領への書簡

発作的に、ネット署名を開始しております。
よろしかったら、ご賛同ください。

原爆を落とされた国の国民から原爆を落とした国の大統領への書簡
http://ur0.link/Fjqp

2017年9月3日(日) 第56回 月1原発映画祭/交流カフェ 『放射能』上映+舩橋淳監督トーク

次回は、久しぶりに舩橋淳監督を招いてお話をうかがいます。上映する映画は舩橋監督の『放射能』。
原発避難を余儀なくされた福島県双葉町住民のその後を、「放射能」という視点で描いた短編ドキュメンタリーで、『フタバから遠く離れて 第二部』のスピンオフ作品です。制作されたのは2014年ですが、それから3年、問題は何も解決していないどころか、より複雑に、深刻になっています。なぜ・・・?
この状況をつくってきたものは何なのか、私たちはどう立ち向かっていけばいいのか、きっと舩橋監督のお話にヒントが見つかると思います。ご参加お待ちしています。


第56回 月1原発映画祭/交流カフェ
『放射能』上映+舩橋淳監督トーク



©2014 Documentary Japan, Big River Films

■日時・プログラム

2017年9月3日(日)
 1回目上映 15:30〜 (開場15:00)
 2回目上映 17:00〜 (開場16:30)
17:40〜18:45 舩橋監督トーク
19:00〜20:00 交流カフェ(舩橋監督参加/軽食+1ドリンク付)

■参加費/定員

・上映 500円/定員各回30名
・トーク 500円/定員30名
・交流カフェ 500円/定員20名

【映画】『放射能』

福島第一原子力発電所の事故により、全町避難を余儀なくされた福島県双葉町住民が、いかに放射能と向き合っているのかを描いた短編ドキュメンタリー。福島全県民への被ばく調査が遅々として行われない中、双葉町民へ「健康県民管理ファイル」が県から配布され、放射能の安心教育が進められてゆく。一方、双葉町はホールボディカウンター(WBC)を導入し、独自の健康調査を始めた。検査でどれだけの数値が出るかが当初、問題と思われていたが、実は放射能による被害とはそれだけではなかった…。人間の五感では感知不可能な放射能について、その本当の被害とは何かを問いかける。本作は、2014年秋公開の 「フタバから遠く離れて 第二部」のスピンアウト作品として制作された。(2014年/日本/32分)
http://nuclearnation.jp/jp/radioactive/

■会場:谷中の家(東京都台東区谷中3-17-11)

メトロ千代田線千駄木・JR日暮里・JR西日暮里下車徒歩7分。
よみせ通り、延命地蔵を東へ入る、2筋目を南へ入って東側。
築55年の木造耐震補強民家。目印は格子戸。

■予約方法

以下いずれかの方法で必ず予約してください。

1.申込みフォーム(上映・トーク・交流カフェ、別々にお申込みが必要です)

・1回目上映(15:30)
・2回目上映(17:00)
・トーク(17:40)
・交流カフェ(19:00)

2.メール

eigasai★jtgt.info ←★を@に置きかえてください。
*件名を「月1原発映画祭申込み」として、参加者氏名(複数の場合は全員の氏名)
参加内容(1回目上映、2回目上映、トーク、交流カフェ)を明記してください。

3.電話

090-1265-0097(植松)、または090-9492-0075(西川)

*トークと交流カフェは映画上映に参加される方が優先となります。
*キャンセルされる場合は必ず事前にご連絡ください。

■主催:月1原発映画の会

問い合わせ先 eigasai★jtgt.info ←★を@に置きかえてください。
http://www.jtgt.info/ (地域から未来をつくる・ひがし広場内)

内閣総理大臣、衆議員議長、参議院議長、全国知事会: 辺野古新基地建設の中止を求めます ~沖縄の米軍基地の問題を〈公正〉に解決しよう!~

今わたしは、キャンペーン"内閣総理大臣、衆議員議長、参議院議長、全国知事会: 辺野古新基地建設の中止を求めます
~沖縄の米軍基地の問題を〈公正〉に解決しよう!~"に賛同しました。ぜひあなたも協力してくれませんか?

私たちのゴールは 2,500人の賛同者を集めることで、より多くの支援が必要です。詳しくは以下のページを見てみて、ぜひ賛同をしてください:

賛同ページ

よろしくお願いします!

ヒロシマ・ナガサキの被爆者が訴える核兵器廃絶国際署名

 8.6広島原爆の日ですが、「ヒロシマ・ナガサキの被爆者が訴える核兵器廃絶国際署名」のお願いをさせていただきます。
核兵器は軍学共同の成果として誕生しました。原子力の具体的な利用は、軍事目的による核兵器の使用から始まりました。広島・長崎での核兵器は都市を壊滅させ、数十万の人々を殺傷しました。2017年7月7日に国連で核兵器禁止条約が採択されました。日本と核兵器保有5ヶ国は参加を拒否している状態です。被爆者の願い国連総会に提出しましょう。

署名: https://t-hibaku.jp/syomei.html

一般社団法人 東友会: https://t-hibaku.jp/

核兵器禁止条約全文:
https://mainichi.jp/articles/20170708/mog/00m/030/001000c

核兵器廃絶日本NGO連絡会:

2017年8月24日(木) 希望のまち東京in東部市民カフェ第161回「事業としての介護」

希望のまち東京in東部市民カフェ第161回「事業としての介護」
介護職を話題提供者として、事業としての介護を議論します。市民カフェ第
160回では「働き方改革」を議論しました。今回は重労働かつ低賃金とされ、
慢性的な人手不足が指摘される介護を取り上げます。介護事業の可能性を議論
しましょう。
▼とき:2017年8月24日(木)午後7時00分~9時00分
午後6時半から開業して雑談しています。
▼場所:希望のまち東京in東部事務所
▼住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(永代通り沿い、セブンイ
レブン隣、 1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
▼最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バ
ス停留所徒 歩1分
▼参加費:無料。カンパ大歓迎。
市民カフェは誰でも、いつでも、無料で話し合える市民の「場」です。どなた
でもご参加できます。初めての方の御参加も大歓迎です。時間がある方は参加
よろしくお願いします。軽食をご用意しておりますので、お気軽にご参加くだ
さい。皆様、是非足をお運びください。途中入退室も自由です。
http://www.hayariki.net/tobu/

希望のまち東京in東部事務所の蔵書の書評です。

龍馬を守った新撰組 禁断の幕末維新史

2017年8月17日(木) 島袋文子さんを迎え沖縄に連帯する市民のつどい

8月17日(木)16:00〜17:30
会場:参議院議員会館 講堂
参加費無料・先着順(定員280名)

【入場方法】
15:00よりロビーにて整理券を配布します。15:30から入場が可能になります。
満席の場合は別室で中継映像をご覧いただきます。

【プログラム】
第1部:ドキュメンタリー映画「戦場ぬ止み」「標的の島 風かたか」の監督、三上智恵さんを聞き手に、文子さんの戦争体験や基地反対への思いをうかがいます。

第2部:「自由の森学園」の有志の高校生を迎え、文子さんのお話を受けて若い世代からの応答と対話の時間に。

★18:15から官邸前アピール:文子さんの抗議をメインに、三線の演奏やコール、スピーチを予定しています。ドラム、鳴り物の持参も歓迎です!

(ご注意)
ご本人の体調などにより、直前で予定が変更になる場合があります

※インターネット中継も予定されています。遠方の方、会場まで足をお運び頂けない方はこちらをご覧ください。
<IWJ チャンネル6>
http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=6

主催:文子おばぁを迎えよう!実行委員会
協力:辺野古・高江を守ろう!NGOネットワーク
辺野古への基地建設を許さない実行委員会
一坪反戦地主会・関東ブロック

2017年8月17日(木) 希望のまち東京in東部市民カフェ第160回「働き方改革」

希望のまち東京in東部市民カフェ第160回「働き方改革」の資料を掲載しまし
た。
http://www.hayariki.net/tobu/cafe76.html

希望のまち東京in東部市民カフェ第160回では「働き方改革」を議論します。
「働き方改
革」や「ワークライフバランス(ライフワークバランス)」「時差Biz」「テ
レワーク」
などが注目されています。働き方改革で良くなった点、逆に悪くなった点、望
ましい働き
方改革について議論しましょう。
▼とき:2017年8月17日(木)午後6時30分~8時30分
▼場所:希望のまち東京in東部事務所
▼住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(永代通り沿い、セブンイ
レブン隣、
1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
▼最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バ
ス停留所徒
歩1分
▼参加費:無料。カンパ大歓迎。
市民カフェは誰でも、いつでも、無料で話し合える市民の「場」です。どなた
でもご参加
できます。初めての方の御参加も大歓迎です。時間がある方は参加よろしくお
願いします。
軽食をご用意しておりますので、お気軽にご参加ください。皆様、是非足をお
運びくださ
い。途中入退室も自由です。

2017年8月29日(火) 安倍やめろ! 8・29緊急市民集会

主催:森友告発プロジェクト

安倍やめろ! 8・29緊急市民集会のご案内

―主役は私たち・新たな「受け皿づくりが必要だ」ー

安倍首相は都議選の大惨敗以降下落し続ける「内閣支持率」を少しでも上げようと、内閣改造という姑息な手段を使って延命工作に必死です。

安倍首相が国民の信頼を失っても、必死に政権にしがみつくのは、彼の「人生の夢」であり「最大の野望」である「憲法9条・改悪」を、何としてでも、強行したいという執念があるからであり、また腹心の友である加計孝太郎氏が経営する加計学園に獣医学部を認可したいという縁故主義(ネポテイズム)のためです。

しかし、賢明な日本国民は気付いたのです。安倍首相が「嘘つき」であり、本来、国民全体の奉仕者であるべき「中央官僚」までが、安倍首相を守るために、公然と国民を裏切っている現実を。だからこそ、多くの国民が、今では安倍政権を一日も早く終わらせたいと思うようになってきたのです。

国家権力犯罪を許すな!安倍やめろ・帰れ!のコールは全国に広がり始めています。そして新たな大連携、新たな私たちの受け皿こそ今と。

8・29衆議院第1議員会館に、集まって下さい。今こそ「主役はあなた」

           記

日時:8月29日(火) 開会・14時~、 受付・13時30分
(13時15分からロビーで入館証の配布)

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer