jtgtさんのブログ

ひがし広場のホームページのhttps対応について

ひがし広場ホームページのhttps通信の対応を行いました。
従来のひがし広場ホームページのURLは http://www.jtgt.info/ でしたが、 https://www.jtgt.info/ のURLでもアクセスできるようになりました。
https://www.jtgt.info/ のURLだとブラウザの警告が表示されませんので、今後はこちらのURLをご利用ください。

2022年5月28日(土) 伊藤誠・オンライン連続講座「『資本論』と現代世界」

[1]【要申込】伊藤誠・オンライン連続講座「『資本論』と現代世界」
 第4回「サブ・プライム恐慌と金融化資本主義」
●期日 2022年5月28日(土)13時30分~16時30分
●開催方式:ZOOMによるオンライン
●講師 伊藤誠(東京大学名誉教授)
●テーマ サブ・プライム恐慌と金融化資本主義 
●主旨
現代の金融化資本主義とそこに生じたサブプライム世界恐慌をどのように理解
すべきか。ギリシャ出身のマルクス学派のロンドン大学教授コスタス・ラパヴ
ィツァスとリーズ大学教授でポスト・ケインズ派のG・ディムスキーとの研究上
の協力を回顧しつつ、この課題に接近する枠組みを再考する。とくに労働力の
商品化に資本主義の矛盾の根源があることを重視した宇野恐慌論の現代資本主
義分析への適用を重視して、労働力の金融化による資本主義の現代的矛盾の深
化に検討をすすめてみよう。
●参考資料 
  ※参加申し込み者には、当日の発表資料を送ります
伊藤誠『サブプライムから世界恐慌へ』(青土社、2009)
 伊藤誠『幻滅の資本主義』(2006、大月書店)
●参加方法 どなたも参加できます
(1)前日[5月27日]までに、yazawa★msg.biglobe.ne.jpまで、 ←★を@に置きかえてください。
・氏名[所属・立場など]をお知らせください。

お薦め映画 『教育と愛国』

映画『教育と愛国』池袋シネリーブルなどで上映中です。
参院選前に、たくさんの方に見ていただきたい映画です。

公式サイト https://www.mbs.jp/kyoiku-aikoku/ より
イントロダクション
ひとりの記者が見続けた“教育現場”に迫る危機
教科書で”いま”何が起きているのか?
いま、政治と教育の距離がどんどん近くなっている。

軍国主義へと流れた戦前の反省から、戦後の教育は政治と常に一線を画してきたが、昨今この流れは大きく変わりつつある。2006年に第一次安倍政権下で教育基本法が改変され、「愛国心」条項が戦後初めて盛り込まれた。

2014年。その基準が見直されて以降、「教育改革」「教育再生」の名の下、目に見えない力を増していく教科書検定制度。政治介入ともいえる状況の中で繰り広げられる出版社と執筆者の攻防はいま現在も続く。

2022年5月24日(火) 安保法制違憲・国賠訴訟控訴審 判決言渡し期日

5月24日(火)安保法制違憲・国賠訴訟控訴審 判決言渡し期日

13:00 門前集会
13:40頃 傍聴券交付開始
14:00 開廷(東京高等裁判所101号法廷)
16:30‾ 司法記者クラブで記者会見
17:00‾ 報告集会(参議院議員会館 B104)

(東京弁護団 事務局)

2022年5月21日(土) 市民グループ「私が東京を変える」ZOOM討論会「ウクライナ戦争と参議院選挙」

市民グループ「私が東京を変える」ZOOM討論会「ウクライナ戦争と参議院選挙」のご案内(申込不要)

日時:5月21日(土)19時〜
議題:ウクライナ戦争と参議院選挙
問題提起者:太田光征さん(私が東京を変える役員・「平和への結集」をめざす市民の風代表)
主催:市民グループ「私が東京を変える」
http://watashiga.org/tokyo/

申込は不要で、下記zoomアドレスより、Zoomミーティングにご参加ください。

https://us02web.zoom.us/j/9246513214?pwd=VmRKTnFGSXZ0b056WmNJOXBZci90QT09

ミーティングID: 924 651 3214
パスコード: 803142

CO2を90%回収しつつ世界最高効率 “究極”石炭火力発電の実証試験が最終段階に【橋本幸治の理系通信】(2022年5月13日)

CO2を90%回収しつつ世界最高効率 “究極”石炭火力発電の実証試験が最終段階に【橋本幸治の理系通信】(2022年5月13日)

https://youtu.be/cDyWZEZ96-8

2022年5月25日(水) 比例代表制推進フォーラム・5月定例会

【要申込】比例代表制推進フォーラム・5月定例会

日時:5月25日(水)18:30~20:30

会場:東京ボランティア・市民活動センター 会議室B
  (JR飯田橋駅隣、飯田橋セントラルプラザ10階)
アクセス https://www.tvac.or.jp/tvac/access.html

テーマ:みんなで選挙制度を考えよう!
   (シリーズ1)「選挙とは何だろうか?」

報告者:田中久雄(比例代表制推進フォーラム代表世話人)
    1時間程度の報告の後、参加者の皆さまと意見交換をします。

参加費:500円(資料代) Zoom参加は無料

【会場参加申込】(コロナ対策のため定員15名)
下記までメールでお申し込みください。
(連絡先)hisao★t3.rim.or.jp ←★を@に置きかえてください。
事務局 田中久雄
申込締切:開催日前日の5月24日(火)の17時まで

【ZOOM参加申込】
下記申込フォームよりお申し込みください。
https://forms.gle/vmy5WTqTy5PXhwWWA
開催日当日まで可能です。ZOOMのアドレスが自動返信されます。

チラシ

都立高入試へのスピーキングテスト導入中止を求める緊急アピール

都立高入試へのスピーキングテスト導入中止を求める緊急アピール(2022年5月9日)
http://utsunomiyakenji.com/5035

東京都教育委員会(以下:都教委と略)は、現在の中学校3年生が受験する2023年度(令和5年度)都立高入試から、東京都中学校英語スピーキングテスト事業の中学校英語スピーキングテスト(ESAT-J)の結果を活用する方針を出しています。活用されるのは、都教委が東京都中学校英語スピーキング事業で進めている中学校英語スピーキングテスト「ESAT-J」(イーサット・ジェイ English Speaking Achievement Test for Junior High School Students)です。都教委は通信教育や出版事業を手がける株式会社ベネッセコーポレーションと協定を結び、事業主体は都教委、運営主体はベネッセという位置づけで共同実施されます。中学校英語スピーキングテスト(ESAT-J)は、2022年11月27日(日)に実施される予定です。

私たちは都立高入試へのスピーキングテスト導入の中止を求めます。

☆緊急~「辺野古新基地建設の断念を」首相官邸前でハンスト&ネット署名開始

緊急の呼びかけです。

「辺野古新基地建設の断念を」首相官邸前でハンスト開始 
県民投票の会元代表・元山さん、復帰50年で政府に求める

昨夜国会へ行っていたのに、知らず。残念。
冷たい雨の中、支援少な目^^;ごめんなさい。

今日、駆けつけられる人は永田町の自民党会館前へ。
明日は公明党本部前かも?
14日まで場所を移動して政府に影響力のある政党、団体前?に行くようです。
https://note.com/jinshiro
https://note.com/jinshiro
よろしくお願いします。
市原みちえ

◎緊急 5/9~14 ハンガーストライキに 
 連帯とネット署名に協力を!
「復帰50年」 辺野古新基地建設の断念を求めるハンスト
沖縄県民投票の元代表が立ち上がった
玉城知事も激励・政府に沖縄建白書提出
      

◎沖縄復帰50年を15日に控え、昨日(5/9)午前10時より、東京・首相官邸前にて
「復帰 50年 辺野古新基地建設の断念を求めるハンガーストライキ」がstartしました。
立ち上がったのは沖縄県民投票の元代表、大学院生元山仁士郎さん
10日以降、岸田政権を支える政党、自民・公明両党の前へも移動して14日まで都内で決行予定です。

2022年5月27日(金) 完成記念上映会「プラットフォームビジネス—『自由な働き方』の罠」

======================================================
【5/27(金)】完成記念上映会(会場・オンライン)
プラットフォームビジネス—「自由な働き方」の罠
http://pundit.jp/events/5882/
======================================================

GAFAはじめグローバル企業が提供する「プラットフォームビジネス」は、
コロナ禍でますます成長し、私たちの消費スタイルや働き方も変わりました。
「ウーバーイーツ」に代表されるフードデリバリー・サービスでは、
配達員はスマホひとつで「好きな時間に、自由に働ける」とされています。
しかし、そこでの働き方は本当に自由で公正なのでしょうか?

このたび、NPO法人アジア太平洋資料センター(PARC)が制作した映像作品
『プラットフォームビジネスー「自由な働き方」の罠』では、ウーバーイーツ
配達員や彼らの結成したウーバーイーツユニオンへの取材を通じて、その実態
に迫り、労働者の権利と企業の責任について考えました。

完成を記念して作品を上映し、監督、監修者、出演者によるトークを行います。

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer